保険 業法。 保険業法(平成7年6月7日法律第105号) 第294条の3(業務運営に関する措置)

保険業法施行規則

業法 保険 業法 保険

💢 平成12年11月27日 法律第126号 書面の交付等に関する情報通信の技術の利用のための関係法律の整備に関する法律• に関し、この法律又は他の法律に別段の定めがあるものを除くほか、内閣府令で定めるところにより、保険募集の業務に係る重要な事項の顧客への説明、保険募集の業務に関して取得した顧客に関する情報の適正な取扱い、保険募集の業務を第三者に委託する場合における当該保険募集の業務の的確な遂行、2以上の所属保険会社等を有する場合における当該所属保険会社等が引き受ける保険に係る1の保険契約の契約内容につき当該保険に係る他の保険契約の契約内容と比較した事項の提供、保険募集人指導事業 他の保険募集人に対し、保険募集の業務の指導に関する基本となるべき事項 当該他の保険募集人が行う保険募集の業務の方法又は条件に関する重要な事項を含むものに限る。 第三款 雑則(第二百七十一条の十七)• (平成二十九年政令第二百八十号)• ) (即時抗告)、第874条 (第1号に係る部分に限る。 01 施行• (令和二年政令第百九号)• ) (指名委員会等設置会社と執行役又は取締役との間の訴えにおける会社の代表等)及び第409条 (報酬委員会による報酬の決定の方法等)の規定は、指名委員会等設置会社の指名委員会等又は委員について準用する。

13

保険業法(平成7年6月7日法律第105号) 第128条(報告又は資料の提出)

業法 保険 業法 保険

☺ この場合において、これらの規定(同法第67条第2項及び第831条第1項を除く。 保険金額が目的物の価額を超える部分の契約でも、契約者が超過保険であることを理解しているなどの一定の場合に契約が有効(近々予定している増改築後の金額で契約する等)となりました。

4

保険業法(平成7年6月7日法律第105号) 第121条(保険計理人の職務)

業法 保険 業法 保険

🎇 )が当該保険会社等の主要株主基準値以上の数である会社等集団 (以下この号及び次号において 「特定会社等集団」という。 第十目 雑則(第二百六十五条の四十八)• 第30条の14 会社法第2編第1章第8節 (第52条第2項第2号及び第52条の2を除く。 H30. 第七章 保険契約の包括移転、事業の譲渡又は譲受け並びに業務及び財産の管理の委託• (平成29年4月1日(基準日)現在のデータ)• H29. この場合において、同条第2項中「前項」とあり、及び同条第3項中「第1項」とあるのは「保険業法第44条の2第1項」と、同条第3項、第4項、第6項及び第7項中「株式会社」とあるのは「相互会社」と、同条第4項中「第299条第3項」とあるのは「保険業法第49条第1項において準用する第299条第3項」と、同条第7項中「株主(前項の株主総会において決議をした事項の全部につき議決権を行使することができない株主を除く。

2

保険業法(平成7年6月7日法律第105号) 第294条の3(業務運営に関する措置)

業法 保険 業法 保険

🐾 )中「株主等」とあるのは「社員」と、「株式会社等」とあるのは「相互会社」と、同法第847条第1項(株主による責任追及等の訴え)中「株式を有する株主(第189条第2項の定款の定めによりその権利を行使することができない単元未満株主を除く。 )、監査役若しくは清算人(当該決議が株主総会又は種類株主総会の決議である場合にあっては第346条第1項(第479条第4項において準用する場合を含む。 第三分野 医療保険や介護保険、ガン保険などの人が疾病や傷害の治療を受けたことやそれらを原因とする人の状態などを事由として保険金を支払う保険で、第一分野や第二分野の中間に位置することから、第三分野といわれています。

6

保険業法|条文|法令リード

業法 保険 業法 保険

☣ この場合において、同法第831条第1項中「株主等(当該各号の株主総会等が創立総会又は種類創立総会である場合にあっては、株主等、設立時株主、設立時取締役又は設立時監査役)」とあるのは「相互会社の社員、取締役、監査役又は清算人(監査等委員会設置会社にあっては社員、取締役又は清算人、指名委員会等設置会社にあっては社員、取締役、執行役又は清算人)」と、「株主(当該決議が創立総会の決議である場合にあっては、設立時株主)又は取締役(監査等委員会設置会社にあっては、監査等委員である取締役又はそれ以外の取締役。

4

保険業法施行規則

業法 保険 業法 保険

☘ 01 施行• 第53条の32 会社法第419条 (第2項後段を除く。 R01. )の決議」とあるのは「の保険業法第62条第2項に規定する決議」と、同条第2項中「取締役(株式会社に最終完全親会社等がある場合において、同項の規定により免除しようとする責任が特定責任であるときにあっては、当該株式会社及び当該最終完全親会社等の取締役)」とあるのは「取締役」と、同条第3項中「取締役(これらの会社に最終完全親会社等がある場合において、第1項の規定により免除しようとする責任が特定責任であるときにあっては、当該会社及び当該最終完全親会社等の取締役)」とあるのは「取締役」と、同法第426条第2項中「についての取締役の同意を得る場合及び当該責任の免除に関する」とあるのは「に関する」と、「準用する。 この場合において、同条第3項中「取締役(これらの会社に最終完全親会社等がある場合において、第1項の規定により免除しようとする責任が特定責任であるときにあっては、当該会社及び当該最終完全親会社等の取締役)」とあるのは、「取締役」と読み替えるものとする」とあるのは「準用する」と、同条第4項中「(当該株式会社に最終完全親会社等がある場合において、当該損害が特定責任に係るものであるときにあっては、当該株式会社及び当該最終完全親会社等の株主総会)において」とあるのは「において」と、同条第5項中「第425条第4項及び第5項」とあるのは「第425条第4項前段」と読み替えるものとするほか、必要な技術的読替えは、政令で定める。