感染 予防 看護 計画。 腹膜透析(CAPD)の看護|合併症や看護問題、看護計画や観察ポイント

小児実習 #感染リスク状態 看護計画

計画 看護 感染 予防 計画 看護 感染 予防

👎 日常の清掃は、埃などがたまらないように十分に清掃し、手が多く触れる場所(高頻度接触表面)は1日1回程度拭き掃除を行うようにします。

15

実習に役立つ看護計画2

計画 看護 感染 予防 計画 看護 感染 予防

😘 目標を立てるときは、 まず長期目標を決め、それを達成するために必要なこととして、短期目標を決めていました。

10

感染の看護|経路、予防、徴候、スタンダードプリコーションと看護計画

計画 看護 感染 予防 計画 看護 感染 予防

✍ あるいは綿球を挿入し圧迫する ・口腔:口内の血液を含嗽で除去する ・消化管:食事を制限する ・肛門:パットやおむつを当て自然止血を待つ ・その他:肺出血、脳出血の徴候がある時は救急処置を行う (輸血時のケア) ・重篤な副作用は投与後15分以内に起こる事が多いため、投与後5分間は患者のそばにいて副作用(アレルギー反応、ショック、呼吸困難、発疹、浮腫)を観察する EーP ・血小板数のみかたと意味を説明する (出血予防) ・皮膚:清潔にしてクリームなどで保湿する。

19

SSI(手術部位感染)の看護|ガイドラインや原因、2つの看護計画

計画 看護 感染 予防 計画 看護 感染 予防

💔 食欲、食事摂取量• その場合は、投与時間を守り、確実に投与するようにしてください。

10

感染の看護|経路、予防、徴候、スタンダードプリコーションと看護計画

計画 看護 感染 予防 計画 看護 感染 予防

🤪 食事や経管栄養注入中は半座位や座位として誤嚥を予防する 5. 尿の混濁• 定期的なリネン交換を行う•。 ・アルコールによる皮膚消毒を行う(禁忌を除く) このCDCのSSI予防ガイドラインのほかに、WHO(世界保健機関)も「」を出しています。

8

感染経路別予防策

計画 看護 感染 予防 計画 看護 感染 予防

🖖 また、検査データも合わせてチェックしておくことが大切です。

4

実習に役立つ看護計画2

計画 看護 感染 予防 計画 看護 感染 予防

⚔ 肺の副雑音も消失し、チューブやドレーンも抜去したため、解決したプランは終了する。 腹膜透析は血液透析に比べて、日常生活の制限が少なく、患者の生活スタイルに合わせながらの治療が可能な透析方法です。 正しく理解し、腹膜透析の必要性を理解していれば、腹膜透析を正しく行うことができます。

17

感染リスク状態

計画 看護 感染 予防 計画 看護 感染 予防

👈 室温、湿度の管理(夏:25〜27度、冬:20〜22度、湿度:50%)• 低血糖症状が起こりやすい時を理解し、早めに対処できる OーP 観察) 1 インスリン注射に対する反応 表情、言動、態度) 2 インスリン注射に対する受け入れと理解度 3 インスリン注射の手技(薬剤の名前、単位、自己注射の一連の動作) 4 食事、運動、仕事などの日常生活パターンの状況 TーP 実施) 1 患者がインスリン注射への思いや不安を表出できるような雰囲気作りを行う 2 自己注射の手技が確実に行えるようになるまで、心身両面での援助を行う 3 日常生活とインスリン自己注射との両立について話し合う 4 家族職場などの周囲の人々に対して低血糖発作への理解と協力を求める EーP 教育) 1 インスリン療法と自己注射の必要性について説明する 2 インスリン自己注射の指導 a 薬剤の名称、使用単位、注射部位と注射手技についてチェックリストなどを用いて指導する 3 低血糖の説明と対処法について指導する a 症状及び出現時の血糖自己測定、糖質の補給など具体的な方法を説明し、糖尿病手帳の携帯を勧める 4 家族へもインスリン自己注射及び低血糖について説明する 5 シック・デイ時の対応を説明する #3血糖コントロール不良に伴い、急性合併症出現の恐れがある 目標:自己管理の必要性を再確認し、今までの生活の問題点を振り返ることが出来る OーP 観察) 1 自覚症状 2 検査データ 3 治療の内容とその効果・副作用 4 日常生活の状況 5 血糖コントロール不良に対する患者・家族の反応 TーP 実施) 1 緊急に指示された検査を正確に実施する 2 症状改善の為の治療・処置への援助を行う a 高血糖時:インスリン、血管確保及び補液の確実な実施 b 低血糖時:糖質補給を実施 3 日常生活援助を行う EーP 教育) 1 食事運動薬物療法の見直しを行う 2 必要であれば糖尿病教育を再度実施する 3 家族及び周囲の支援態勢の確認と指導への参加を勧める #4糖尿病性神経障害や循環障害に関連した足病変の進行により、壊疽に至る恐れがある 目標:足病変予防の為、フットケアの必要性を理解し実践することができる OーP 観察) 1 足部の状態 a 外傷、熱傷、水疱、足指の変色、爪白癬など 2 足部の異常感 a 下肢の異常感覚、冷感、痛み、足先のしびれ感などの有無 3 手足の感覚喪失 a 振動覚、温度覚、痛覚 4 血糖コントロールの状態 TーP 実施) 1 入院時や外来受診時に足の観察とフットケアを行い、異常があれば速やかに処置する 2 胼胝(たこ)やウオノメの処置を行う EーP 教育) 1 足病変予防の為には、血糖コントロールが重要であることを伝える 2 毎日足を観察して次のフットケアをこまめに行うよう説明する a 足全体を毎日よく観察する(自分でできない時は家族の協力を得る) b 足は指の間までよく洗って乾燥させる c 足に合った靴を選ぶ。 そのため、自覚他覚症状と検査所見など、全身の入念な観察と迅速な対応が必要となる ・ 身長、体重、腹囲の測定から個々の状態にあった食事療法のための支持エネルギーの情報を得る。 低血糖を誘発する事態や対処法への知識の不足は過剰な低血糖への不安を引き起こす 5家族や周囲の人々の反応、理解、協力体制の把握 起こりうる看護問題:インスリン注射が実施しがたい、食事の時間が不規則といった治療に適さない環境、家族の援助が得られない環境にある 家族や周囲の人々が糖尿病をどのように認識しているか、協力体制を確認する。

12

小児実習 #感染リスク状態 看護計画

計画 看護 感染 予防 計画 看護 感染 予防

🤲 直接接触感染:患者のに直接接触する処置時や患者の 時、入浴介助時など、身体に接触する必要があるケアのときに伝播• 手術の切開創の感染だけでなく、腹腔内感染など臓器・体腔の感染も含まれます。 感染予防に関する資料 感染予防の基本(資料) 感染予防の基礎からさまざまな現場、状況を想定した感染予防および感染症発生後の拡大防止策などをまとめています。 病室内(退院後は自宅)の室温、湿度の管理(夏:25〜27度、冬:20〜22度、湿度:50%に保つ)について説明する。

3