艦これss 提督 死亡。 【艦これ】色んな鎮守府の日常【SS】

[B!] 【艦これ安価】提督「艦娘に看護される日々」 : あやめ速報

提督 死亡 艦これss 提督 死亡 艦これss

😈 だが、お陰で輸送船が到着した。

19

艦これ ss 提督死亡

提督 死亡 艦これss 提督 死亡 艦これss

😗 深海棲艦をまともに知ってる妖精に見つかっていたら榛名と会う前に死んでいましたよ」 空母棲姫「お前ガけしかけた訳ではないのか?」 榛名「あの時はツヴァイちゃんのところに行ってましたから。

19

艦これ ~提督ドッキリの災難と非難~

提督 死亡 艦これss 提督 死亡 艦これss

🤭 その白露を潰せば解決だ」 提督「……それは出来ない」 妖精「なんで」 提督「憲兵は確かに俺にホモセックスを申し出た。 女々しい台詞はお前には似合わん」 長門「フンッ。 何故お前ガそんなことヲ言うのかハ知らないが、私ヲ笑わせないでほしいわ」 榛名「あの、真面目に話を聞いてくれませんか」 空母棲姫「真面目ニ聞ける訳ないでしょう!あんなやつヲ追い返せる奴ガいるとは思えないのよ!」 榛名「そうは言っても……あ」 ベリベリベリッ! そっかそっか・・・えへへへへへー」 提督「」ビクビク 瑞鳳「・・・・・・」 瑞鳳「・・・」 瑞鳳「!」 瑞鳳「そうだ・・・」 提督「(瑞鳳の様子がおかしい・・・いったい何が・・・こうなったら!)」 提督「やっ、やっぱり、卵焼き食べようかなー、とても美味しそうな気がするなー・・・ははは」アセアセ 瑞鳳「ううん。

【艦これ】提督「心が読める眼鏡?」【R

提督 死亡 艦これss 提督 死亡 艦これss

💅 青葉「まあ見ててくださいよ。 17 ID:mnepNzgr0 数分前執務室 カチャ スッ 提督「……」カキカキ 提督「……」カキカキ 提督「……」カキカキ 提督「……ふぅ、ん、あ゛ー」コシノバシ 大井「……」 提督「っひぉ……! 妙に艦娘共が居ると思ったが、まさかこちらの動向に気付かれているとはな」 榛名「本当ならそこで深海棲艦を撃退するつもりでしたが、先に襲撃されるとは思いませんでしたよ」 「なら、話は早い。 とりあえず、気を抜くと艦載機のコントロールが出来なくなるから注意して。

【艦これSS】提督「敵の襲撃ついでに俺が死んだことにする?」【長門】

提督 死亡 艦これss 提督 死亡 艦これss

✍ …… 提督「…………もう、発艦に関しては突っ込まないでおこう。 提督に大井っちの気持ちが解ったら、大井っちを取られちゃうかもしれないけど、まあその時は仕方が無いのかな)」 吹雪「じゃあ、始めさして貰います。

[B!] 【艦これ安価】提督「艦娘に看護される日々」 : あやめ速報

提督 死亡 艦これss 提督 死亡 艦これss

❤️ 気にしないでおきますね」 提督(何故これが表側になっている……風のせいか?) 提督「……そういえば、鳳翔さん達と一緒にここに着いたのか?」 榛名「途中までは一緒でしたが、榛名一人で帰ってきました。 勿論、姫級はその辺りの隠蔽がすごく上手ですよ?ですが、貴方はそういう次元ではないんです。 砲弾が女性に着弾する前に艤装による機能により、彼女を守るための障壁が現れたからだ だが、その障壁を貫いているのか砲弾はほんの少しずつ彼女の方へと近づいていく 榛名「それ、先程防いだ砲弾と同じと思わない方がいいですよ」 微笑む榛名、それに対して女性は艤装が暴れることで返事をする 女性の艤装の上に乗っていた榛名は先端に位置していたため、思い切り上下されることによって投げだされる形になった そのまま頭から噛み千切ろうと艤装が大きく口を開く しかし、榛名にはそうしてくることが分かっていた 投げだされた時停止していた脚部艤装を再び起動する準備をし、主砲の装填が終わったことを確認する 今にも食われてしまうところで脚部艤装が起動すると、一瞬で足が水面の方へと動いた 女性の艤装の先端に足が着く。

4

【艦これSS】提督「敵の襲撃ついでに俺が死んだことにする?」【長門】

提督 死亡 艦これss 提督 死亡 艦これss

😜 明日の秘書官である球磨に引き継ぎを行った後、吹雪も早く休むように」 吹雪「まって下さい司令官!まだ話しが……」 提督「吹雪、今日の執務はここまで。

10

【艦これss】武蔵「提督が艦むす達に嫌われているだと?」 その1 : かんむす帝国~艦これまとめブログ~

提督 死亡 艦これss 提督 死亡 艦これss

🐲 また食べたいものダ」 提督「それはどうも。 数日であちらに着くはずだ。

【艦これSS】提督「敵の襲撃ついでに俺が死んだことにする?」【長門】

提督 死亡 艦これss 提督 死亡 艦これss

😘 せっかく人が気持ちよく歩いていたというのに・・・」スタッ 提督「クソッ、天気がいいからと外を散歩していてもロクなことがない」 提督「さっさと飯を食べて執務室にひきこもってしまおう」スタスタ 提督「しかしどうにかしてあいつのようなやかましい艦娘達を黙らせる方法はないものか・・・」ブツブツ 提督「このままでは疲れてノイローゼに・・・うん?」 曙「!」 曙「な、なに見てるのよ」 提督「(なんだ、こいつか・・・。 あの日憲兵は護衛を連れてきていないと言った」 妖精「騙されたってのか?」 提督「いや、あの眼はうそをついてるようには見えなかった」 妖精「なら白露の単独行動だったってことか」 提督「憲兵に恋慕していた白露からしたら俺は邪魔な存在だ。